古銭の買取なら高価買取のまんがく屋へ

050-3718-2293

古銭買取項目

まんがく屋は中国、日本の古銭をはじめ世界中のコイン、紙幣を買取・販売しております。

古銭買取実績

日本の金貨、銀貨、銅貨、紙幣、江戸時代の大判小判、一分銀、二分金などの古金銀や、中国古銭や外国コインなど、もしこのような古銭がございましたら買い取りさせていただきます。いつでもお電話一本でお伺いします。

日本古銭
中国古銭
中国古紙幣
中国古銭
中国古銭
中国古銭
中国古銭
日本古銭
日本古紙幣
古銭
日本古銭
日本古銭
古銭
古銭
中国古紙幣
中国古紙幣

コラム 古銭は中国に起源があった -日本の古銭の歴史と中国の関係-

日本国内で現在流通している通貨は、大きく分けて「1円」「5円」「10円」「100円」「1,000円」「2,000円」「5,000円」「1,0000円」とありますが、これらの日本国内で流通している通貨は6種類の硬貨と4種類の紙幣に分ける事が出来ます。
私たちが日常的に使用している日本国内の通貨は、その始まりが飛鳥時代、和同開珎という日本史上初めてのお金から始まりました。そして現在にいたるまで日本国内の流通通貨は数々の変遷を経て今の通過へと変わってゆきました。
飛鳥時代の和同開珎が日本の通貨の始まりではあるのですが、それ以前の日本には通過が流通しておらず、人と人との間で行う取引はすべて物々交換で行われていました。物々交換は「お互いが欲しい物を交換し合う」というのが原則ですが、すべての物々交換でお互いが欲しい物を持っているとは限らず、時には欲しくない物でも交換しなければいけない時もあり、さまざまなトラブルが発生するようになりました。
この為、人々の間では「出来るだけ皆が欲しがる価値のある品物を交換するようにしよう」という決まりが生まれ、日本国内で行われる物々交換においては主に米や魚、塩や布製品など、誰もが欲しがる品物に限定された交換が人々の間で行われるようになってゆきました。この「誰もが欲しがる共通の品物に限定した物々交換」の事を「物品貨幣による物々交換」と呼び、これがお金の概念の基となっています。
一方、お隣の中国ではすでに貨幣が流通していましたが、中国では今をさかのぼる事3千年以上前の紀元前16世紀時代から紀元前8世紀の殷、そして周といった古くから「貝がら」を貨幣として利用していました。古代中国で貨幣として流通していた貝がらは「たから貝」と呼ばれ、文字通り「宝のように価値のある物」として布製品や穀物、金や銀、珊瑚などの財宝とたから貝を交換していたのです。たから貝は見た目も光沢と色彩に優れた外観で非常に珍重された為、主に中国の王侯貴族の間では貴重品として扱われていました。
そして、中国ではたから貝が後の貨幣の起源となり、物品貨幣における代表格の存在となりました。たから貝は小さな貝がらであった為、たから貝で物品貨幣による物々交換を行う時には10個単位で束ねてしようする事が多かったようです。これが、「貨幣の単位」の始まりと言われています。
その後、日本に和同開珎が誕生するのですが、和同開珎はすでにたから貝を起源として誕生していた中国の貨幣を参考にして作られた日本の「古銭の起源」として歴史的な意味合いを持つ事が研究結果から明らかになっています。

買取について

身内の方の遺品をそのままにされ、ある日開けてみたら故人が収集されていたものが大変値打ちのあるもので驚かれたという方がたくさんいらっしゃいます。古銭は小さいのでご家族も知らなかったという場合もございます。お家を新築されるときに慌てて廃品回収業者に出すとタダ同然で回収されてしまします。価値があるものかどうかわからないからとそのままになさらず、無料出張査定をご利用ください。